• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

エコ住宅に住もう!エコ住宅に関する総合的な情報を提供。みんなでエコ住宅に関する情報を共有しよう!



家の燃費をよくする方法1 窓サッシと窓ガラスを選ぶ

家の燃費をよくするためのポイントは2つあります。

家の燃費向上の第一歩、窓を見直そう!

1992年に設定された古い省エネ基準で建てた家では、夏は日射も含めた全流入出熱のうちの71%が開口部から室内に入り、冬は48%が室内から逃げて行くと算出されています。(出典:日本建材・住宅設備産業協会試算)家じゅうでもっとも熱の出入りが激しいのが、窓やドアなどの開口部なのです。中でも窓は、比較的低予算で施工でき、手軽に断熱性を高めることができるので、家の燃費向上の第一歩といえるでしょう。

ペアガラス

窓はサッシとガラスでできていて、組み合わせ次第で窓の断熱性能が高まります。ガラスについては、単板ガラス→ペア(複層)ガラス→ペアLow-Eガラスの順に断熱性が高くなっていきます。ペアガラスとは、下の図のように2枚のガラスの間に空気層を挟んだガラスのこと。空気のかわりに、より熱伝導率の低いアルゴンガスを充填したり、真空にしてさらに断熱性を高めたものもあります。

Low-Eガラス

Low-Eガラスとは、特殊な金属膜を空気層側に貼ったペアガラスのこと。室内側に貼った高断熱タイプと、室外側に貼った遮熱タイプがあります。高断熱タイプは太陽エネルギーを透過し、暖房機器から出る遠赤外線を反射することで暖房効率を高めます。遮熱タイプは、夏は強い太陽エネルギーをカットして冷房効率を高め、冬は断熱タイプと同様に室内の暖かさを守ります。断熱性能はほぼ同じなので、気候風土や窓の方角によって使い分けるのがオススメ。西日の入りやすい窓がある場合、西日を遮る遮熱タイプのLow-Eガラスを入れると夏の暑さがやわらぎます。

アルミサッシより木製サッシのほうが断熱性が高い

サッシ(窓枠)は、素材の違いで断熱性が変わり、アルミサッシ→アルミと樹脂の複合サッシ→樹脂サッシ→木製サッシの順に断熱性が高まります。

コストは窓一箇所につき数万円〜25万円程度

気になるコストですが、ガラスもサッシも、断熱性が高まるほど高額になります。従って、組み合わせ方によって1つの窓にかかるコストは数万円〜25万円程度と幅があります。アルミサッシと単板ガラスの組み合わせが最も安くすみますが、エコ住宅にするなら、もうしょっと頑張りたいところ。一方で、最も高性能な木製サッシとLow-Eガラスの組み合わせを選ぶと、1つの窓につき20万円以上かかる場合もあり、5カ所で100万円を越えてしまいます。アルミと樹脂の複合サッシと複層ガラスの組み合わせでも十分効果が見込めるので、この組み合わせがリーズナブルかもしれません。ただし、高断熱化するならすべての窓を同時に行いましょう。一部屋のうち1カ所だけ高断熱化しても、他の窓から熱が逃げてしまい、あまり意味はありません。お財布と相談しながら、「日が当たりにくくて寒い寝室」「冷暖房をつけている時間がもっとも長いリビング」など、生活スタイルに合わせてできるところから始めてみましょう。

文中の価格はあくまで目安であり、工事を依頼する住宅メーカーや工務店、リフォーム会社によって異なります。見積もり依頼時にご確認下さい。



  • エコ用語辞典
  • エコ住宅用語辞典
  • 家庭菜園辞典

  • インフォリンク・ジャパンについて
  • サイトマップ