• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

エコ住宅に住もう!エコ住宅に関する総合的な情報を提供。みんなでエコ住宅に関する情報を共有しよう!



冷暖房をデザインしよう!

第2回からは、エコ住宅をつくるための具体的なノウハウや商品情報をお届けします。住まいの条件や予算に合わせて、できるところから始めてみませんか?

冷暖房をエコにデザインする

広さ、日当たり、デザイン、暮らしやすさ、丈夫さ、、、住まいにおいて大切にしたい部分は人それぞれですが、そのベースには、「快適に暮らしたい」という万人に共通する願いがあると思います。 冷暖房をデザインし、最小限のエネルギーで夏涼しく冬暖かい家にすることは、快適な暮らしを続けながら、そこに暮らすだけでCO2の排出削減に貢献できるということです。しかも、後から光熱費でトクをするというおまけつき。「最初に少しだけよぶんにお金をかけて、後の何十年は毎日トクをしよう」というふうに、考え方を少しだけ、シフトしてみませんか?決して安い買い物ではないからこそ、こだわって「快適な家」を手に入れましょう。

家庭でのエネルギー消費の29.5%が冷暖房

家庭でのエネルギー消費の29.5%(出典:財団法人日本エネルギー経済研究所(EDMC)/エネルギー・経済統計要覧(2006年版)を、冷暖房が占めています。特に暖房は27.1%と給湯の27.8%についで多くのエネルギーを消費する用途です。つまり、冷暖房効率のいい家にすると、省エネやCO2削減に効果テキメンということ。さまざまな方法から選べるのもうれしいところです。

暖かさや涼しさが逃げない家に!

どんな冷暖房機器を選ぶかを考える前に、まずは暖かさや涼しさが逃げない“燃費のいい家”にしましょう。冬の寒い日に足元が冷えたり、部屋ごとの温度差が大きい家や、窓ガラスが結露する家は、暖かさや涼しさが逃げやすく、冷暖房エネルギーがかさみます。ご紹介する方法で、冷暖房にかかるエネルギー消費を抑えられるだけでなく、快適で体に優しい家をつくることができます。


  • エコ用語辞典
  • エコ住宅用語辞典
  • 家庭菜園辞典

  • インフォリンク・ジャパンについて
  • サイトマップ