• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

エコ住宅に住もう!エコ住宅に関する総合的な情報を提供。みんなでエコ住宅に関する情報を共有しよう!



エコ住宅のキーワード3. 住宅の寿命を延ばす

住宅は長く使うほど、エコ!だから、中古住宅を買ってリフォームするのも、エコ!

日本では30年前後で建て替えをすることが多いため、結果的に住宅寿命が短くなっています。主原料である木が木材として使えるまでに育つのに60〜80年かかることと照らし合わせると、育つペースを使うペースが上回り、持続可能ではありません。また、建てては壊し、壊しては建て、というスクラップアンドビルドを繰り返せば、それだけ余計な素材やエネルギーを消費し、ゴミの処理もしなければなりません。 2009年6月4日、国は長期優良住宅普及促進法を施行して、住宅の長寿命化に取り組み始めました。主には、新築住宅で長期優良住宅の認定を受ければ、住宅ローン減税で優遇措置を受けられ、ローンの借り入れも有利になるという政策。認定を受けているかどうかで、マンションや建売住宅の“エコ度”を判断することができます。別の見方をすれば、認定基準を長持ちする家を建てるためのガイドラインとして利用することができます。 また、忘れてはいけないのが、中古住宅を買ってリフォームするという選択肢。日本全体で見ると、すでに建っている住宅が、全世帯数を大幅に上回っています。つまり、建つべきスペースには、すでに十分な家が建っているということ。人口が減っていく日本に、これ以上住宅用地を増やす必要はないのです。里山や森を切り拓いて新たな住宅地をつくることも、あまりエコな選択とはいえなさそうです。



  • エコ用語辞典
  • エコ住宅用語辞典
  • 家庭菜園辞典

  • インフォリンク・ジャパンについて
  • サイトマップ